四季折々の釣り 川釣り編

海だけでなく淡水魚にも四季があります。ここでは『春』『夏』『秋』『冬』に分けて、オススメの淡水魚を紹介します。

春の釣りもの

ブラックバス…ルアー釣りの王様。春は産卵シーズンなので大型が狙えるのが特徴。最初はスピニングタックルがおすすめ。

渓流釣り…解禁時期に狙えば初心者でも簡単。ヤマメやアマゴ、イワナなど美しい渓流魚がターゲット。ノベ竿で狙います。

コイ…最大1mにもなる淡水魚。ダンゴ釣りで狙えば最小限の道具で狙えます。

夏の釣りもの

ナマズ…水が濁った日や夜のルアー釣りで簡単に狙えます。水面まで飛び出すので食いついたときの迫力は満点です。

ハヤ…夏は活性がバツグン。エサはもちろん、毛針仕掛けでも釣れます。

ウナギ…梅雨ごろに川を上り始めます。河口域から始まり、夜の投げ釣りで狙えます。最大で胴回りが腕ほどもあるウナギもいます。

秋の釣りもの

ブラックバス…秋は荒食いシーズン、プラグでもよく釣れます。入門にもオススメの時期です。

フナ…ウキ釣りで狙えます。ハヤと同じような釣り方で狙えます。

コイ…一年中狙えるターゲット。ウキ、ダンゴ釣りがオススメ。

冬の釣りもの

ハヤ…寒バエといわれ、貴重な冬場のターゲットです。ウキ釣りで狙います。

ヘラブナ…ため池や大型河川に放流されています。フナに始まりフナに終わるといわれるほど奥の深い釣りです。

トラウト…管理釣り場にてルアーでマス類を狙います。