いろいろな釣り方

魚釣りにはいろいろな釣り方があります。魚の大きさ、性質によってよりたくさん釣れるように知恵と工夫によって様々な釣り方が進化していきました。一方で釣果よりもゲーム性を楽しむ為の釣り方も進化しています。

そしていまも、どんどん新たな釣り方が誕生していっているのです。次はどんな仕掛けで、どんなエサで・・と次回の釣行を楽しみに作戦を練るのも釣りの楽しさの一つです。

 

どんな釣り方があるかいくつか紹介しましょう!

 

○フカセ釣り

主に黒鯛(チヌ)やグレを釣るときの釣法。オキアミ(エビによく似た形のプランクトン)を撒き、魚を浮かせて(浮かせる釣り→フカセ釣り)釣ります。撒いたオキアミの中に鈎をつけたオキアミを漂わせそれに魚をくいつかせます。オキアミを遠くの狙ったところに投げる技術も必要です。投げやすくする為と魚を集める効果のある集魚剤も、たくさんの種類が発売されており、どの集魚剤を使うかで釣果にも差がでるとても奥の深い釣り方です。フカセ釣りの大会も各地で行われており、ファンの多い釣りのジャンルです。

○カゴ釣り

上記のフカセ釣りでは、届かない遠いポイントの魚をねらう場合、カゴにオキアミをいれてぶん投げます。山陰地方ではこの釣り方で、ハマチやヒラマサなどの青物をねらいます。瀬戸内ではこの釣法で真鯛を狙う釣り人が近年増えてきました。

○だんご釣り

サシ餌を泥でつつみチヌのいそうな海底まで届けます。チヌのいる海底まで他のエサ取りからサシ餌を守ります。チヌがだんごによってきたところでだんごが割れて、中からでてきたエサにパクっと食いつかすという釣り方になります。

穂先が繊細な筏竿という竿を使用し、竿先であたりをとる釣り方と、ウキを使用し浮きであたりをとる「紀州釣り」とよばれるものがあります。どちらもだんごの割れるスピードの調整が難しく粘り気、水の量、握る力加減がポイントとなります。

○ルアー釣り

本物のエサを使わず、疑似エサをより本物に似せて釣る釣り方の総称となります。その時に食べてるであろうエサに似せたもの、またその動きを再現したルアーの選択から戦略が始まっており、非常に奥が深い釣りです。近年では若者だけでなく年配者の方も気楽にできる釣りと人気のある釣り方です。

ブラックバスを狙う「バスフィッシング」がルアー釣りの一般名称だったのが、現在では対象魚ごとにいろんな釣り方の名称が派生していきました。

メバル・・「メバリング」

イカ・・・「エギング」

アジ・・・「アジング」

青物をメタルジグ(ルアーの一種)で釣る・・・「ジギング」

マダイをラバージグで釣る・・・「タイラバ」

などなど

○さぐり釣り

のべ竿(リールを取り付けない伸ばすだけの竿)を使用し、竿先にラインをくくりつけ、軽いオモリとエサを海中におとしこんでいきます。魚のアタリをダイレクトに感じることが出来、竿の長さぶんの範囲しか狙えないので、一箇所で粘るという釣りではなく、少しづつ移動をしながら、魚をさぐっていきます。

○サビキ釣り

一つの仕掛けに擬似針がたくさん付いており、その仕掛けを上下に揺らす事によって、魚がエサと間違えて食いつきます。波止からのは、アジ、イワシ、ママカリなどが対象魚となり、魚がいれば比較的簡単に釣れるので、ファミリーに人気の釣りです。仕掛けにサビキカゴを付けて、その中にコマセというエサを入れ、魚を寄せるのが一般的です。

船からのサビキ釣りでは、マダイ、メバル、大アジなどがターゲットとなり、こちらも人気の釣りです。

サビキ釣りのページはこちら

○投げ釣り

砂浜や波止から遠くに仕掛けを投げ込み魚が食いつくのを待つ釣りです。じーっと竿先を見つめる釣り方で投げ釣りの光景を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

対象魚は様々で、ハゼ・キス・ベラなどの小物から、黒鯛・真鯛・スズキ・カレイなどの大物まで五目釣りで楽しめます。ファミリーに人気の釣り方です。

投げ釣りのページはこちら

○うき釣り

投げ釣りが魚のアタリを竿先で感じるのとは対照的に、うき釣りでは魚のアタリをウキを通して見る事ができます。ウキがすーーーっと水中に沈んでいくのは、何度経験しても興奮します。

ウキを使って潮にのせ、遠くのポイントを狙う事が出来るのもメリットの一つです。魚のいる層を見つけてタナを調整することが釣果につながります。

うき釣りのページはこちら

この他にもまだまだ釣り方があります。

次のページではファミリーにお勧めの「サビキ釣り」「投げ釣り」「ウキ釣り」をもっと詳しく紹介します。