メバル仕掛

防波堤でメバルを釣る場合はウキ釣りもしくは胴突きサグリ釣りがお勧めです。どちらも違った楽しさがあり、それに適した状況、タックルがありますので参考にしてみてください。 

 

クリックで拡大↑

ウキ釣り仕掛

ウキ釣り仕掛はメバルが浅いタナにいるときに効果的、特に春~秋、海藻が生えている時期などに重宝します。長めの磯竿と小型のスピニングリールがあれば出来るのでぜひ試してみてください。夜釣りで行えば電気ウキの明かりがスーッと海中に沈むところが見え、なんともいえないドキドキが味わえるはずです。

 

クリックで拡大↑

胴突き仕掛

胴突き仕掛はルアーロッドやコンパクトロッドでも使えるのでその手軽さや、釣れる魚種が多いことも魅力です。海底を這わすように釣る為、メバル以外にカサゴ、アコウ、ソイ、アイナメなどの根魚が狙えます。反面場所によっては根掛かりに悩まされることもあります。慣れればある程度かわすことができますが最初は仕掛を多めに用意して行きましょう。

新鮮な餌ほどよく釣れます

メバル釣りの餌に関して

メバル釣りの餌は青虫、砂虫、エビ、白魚などいろいろあって迷う所。手軽に狙いたいならまずは青虫がおすすめ。こだわれば餌クーラーを用意してシラサエビを水で生かすか、春先なら特効餌の白魚を試してみてください。活きのいい餌はメバルの反応が違いますよ♪

専用のエビ活かし用の入れ物がれば便利ですよ。

写真は人気商品

第一精工

「飛び出すエビ元気」

 

フタを開けると、中の入れ物があがってきて、エビがつけやすいです。

白魚