ウキ釣り

魚のアタリを竿先ではなく、ウキの沈み方を見て釣る釣法です。ウキが沈む瞬間は心臓バクバク、魚種によって仕掛もアワせるタイミングも違いますので奥の深い釣りです。サヨリ釣りや河川でのハヤ釣り、メバル釣り等が入門にはオススメです。

【ウキ釣りで釣れる魚】

メバル

11月~翌年6月ごろまでがシーズン。20㎝クラスが釣れれば自慢できます。外灯のある防波堤で狙うことが出来、夜は電気ウキに青虫で手軽に釣れます。

サヨリ

秋に15~20㎝の数釣りが楽しめ、翌年の春には平均25㎝以上の大型に成長して再度接岸します。水深1m程度を回遊するのでヒットシーンが目で見えることや、回遊次第で初心者でも50匹以上の大釣りが期待出来るのも魅力です。仕掛作りが最も簡単で市販の仕掛を買って結べば完成というお手軽さもファミリーに人気の秘訣♪

チヌ、セイゴ

上級者はチヌをフカセ釣りで狙うことが多いですが、電気ウキの夜釣りをすれば青虫やシラサエビで意外と簡単に釣ることが出来ます。特に夏場がオススメ。30~70㎝ほどの魚が釣れるため、ハリスは太めにしておきましょう。

ハヤ、フナ

用水路や小型河川などで簡単に釣れます。お子様と一緒に川遊びなどする場合はトウガラシウキなどを使った固定のウキ仕掛で狙ってみてください。

【ウキ投げに必要な道具】

竿・リール・ウキ・ウキ小物・仕掛け・エサ

この5つが最低限必要な道具になります。では道具の選び方を、みていきましょう。

「ウキ釣り」といっても防波堤でのメバル・セイゴ・チヌを狙うものから、川でフナやハエを狙う事もあります。磯や海上釣堀ではウキ釣りでハマチを狙う事もあり非常に幅広い総称になります。

使用する竿も対象魚によって様々になりますが、今回は比較的入門者の方が入りやすい、防波堤から狙うウキ釣りについて説明します。

○竿

穂先の柔らかい磯竿と呼ばれる竿を使用します。瀬戸内では1号から2号(数字が低いほど柔らかくなります)で3m~5m前後がオールマイティーに使用出来ます。

オススメ

タイムオリジナル商品「イソキング」1.5号ー3.6m2980円で好評販売中。

 

 

○リール

中型リール2000番~3000番の大きさに、ナイロンライン2号~3号を巻いておけば充分です。

タイムオリジナル商品でのオススメは「LRTⅡ」安価で入門モデルとして人気があります。

 

○ウキ

棒タイプ、どんぐりタイプ、昼夜兼用の電気ウキと呼ばれるもの。いろんな形がありますが、まずは昼夜兼用の電気ウキがオススメ。

夜釣りでも使えるので、電気ウキがあれば様々な釣りに使えて便利です。

電気ウキはリチウム電池が内蔵されており、先が光るので、夜の海上を流していてもよく見えて便利です。

ウキには「浮力」〇号という感じで設定されていて、例えば1号のウキには1号の鉛、2号のウキには2号の鉛を付けることが出来ます。浮力が大きいほど、重たい鉛を付けられるので、深タナまでエサを届けたい時などにも便利です。

ただし、魚がくわえた時に、その浮力に違和感を感じてエサを離す事もあり、餌を食わす事だけで考えるとなるべく浮力が小さい方が良いとされています。

 

 

 

〇ウキの仕掛けには「固定仕掛け」と「遊動仕掛け」があります。

【固定仕掛】

「固定仕掛のメリットとデメリット」

ウキゴムにウキを差込むシンプルな仕掛けです。

仕掛けは簡単です。ウキがウキゴムに固定されてしまう為、深いタナをを狙う事ができません。のべ竿(リールを使わない竿)でのウキ釣りや水深の浅い川釣りではこちらの固定仕掛がオススメです。

 

 

【遊動仕掛】

「遊動仕掛けのメリットとデメリット」

タナを決めるウキ止め糸(ウキ止めゴム)が竿のガイドを通り抜ける為、深いタナまで餌を沈める事が出来ます。仕掛け作りが複雑ですが、前層が探れるので海釣りをするなら必ず覚えておきたい仕掛です。

【遊動仕掛】

遊動仕掛け作りの手順

①「ウキ止めゴム」を糸の1番上に取り付けます。(下図参照)

②シモリ玉に糸を通す(ウキのカンをすり抜けないギリギリの大きさが良い)

③ウキのカン(もしくは穴)に糸を通ります。

④からまん棒固定(ウキゴムを2つ通し、芯を上下のウキゴムで固定します)

⑤ウキの浮力と同じ重さの中通しオモリを通す。

⑥最後にウキ釣り仕掛け(のサルカン)を結ぶ。特にメバルのウキ釣り仕掛けは様々な魚種に対応しています。万能仕掛けとしてオススメ。

 

○エサ

まずは青虫がお手軽で使いやすいので使ってみましょう。その他、シラサエビ、や春先の特効エサである白魚なども実際に試してみましょう。時期の餌に関しては餌売り場でスタッフまでお聞き下さい。丁寧に対応いたします。

【全ての釣りに必要な七つ道具】

①ハサミ・・結んだあとの切れハシを切るのに必要です。

②水汲みバケツ・・汚れた手を洗ったり釣り場を掃除したり大変重宝します。

③魚はさみ・・・トゲや毒のある危険な魚が釣れることもありますので、ないと困ります。

④針はずし・・・針を飲み込まれたときなどに必要です。ペンチでも可。

⑤タオル・・・・汚れた手で竿やリールは触りたくないですよね。

⑥タックルボックス・・仕掛けやオモリなど小物が増えてくるので、ひとまとめにするボックスがあれば便利です。

⑥クーラーボックスと氷・・釣った魚を新鮮に持ち帰る為には必需品です。

 

【釣り方】

上流に仕掛け投げ込み、ウキを流していきます。

ある程度下流まで流したら、また仕掛けを回収して、エサのチェックを行い、また上流に仕掛けを投げ込みます。

タナは上層から狙うのが一般的です。

エサが取られずにのこるようであれば、少しづつタナを深くしていきます。

魚のいる層を見つける事が釣果へとつながります。

ウキの動きに変化があればゆっくり糸を張って、魚が掛かっていないか確認します。モゾッと生命反応を感じたら、軽くアワセてください。

ウキがスーっと海中に入ってゆく明解なアタリもあれば、ウキが止まったり揺れる程度のわずかなアタリまで、様々なパターンがあります。

大物ほどあたりが小さい事が多いのです。

 

奥が深いんんだけど、お手軽な「ウキ釣り」で是非魚をゲットしてください。