釣り竿の種類

万能ロッドってある?

お店でお客様に「1本でなんでもできる万能竿が欲しい」って聞かれる事がよくあります。

確かに1つの竿で全ての釣りができたら便利ですよね。

実際いくつかの釣りを兼用で使えるものもありますが、基本的には「対象魚」「釣り方」に応じて各ジャンルのロッドが各々進化をしています。

やはり、「対象魚」「釣り方」の応じて、専用の竿を使用する事で、自ずと釣果にも差がでてきますし、なにより快適に釣りをする事ができます。

まずは自分が「どんな釣りしたいのか?」「どんな魚が釣りたいのか?」

そしてその為にはどんな竿が必要なのかを考えてみましょう!

ジャンル別 釣り竿の特徴

様々なジャンルの竿がありますので、主要なジャンルの主な特徴をいくつか紹介します。

磯・防波堤竿

名前の通り「磯」や「防波堤」から主に「ウキ釣り」や「サビキ釣り」を行うときに使用します。他のジャンルと比較して竿全体が柔らかいのが特徴で、魚の引きを竿全体で受け止め、弧を描くように曲がります。

「磯」では足元がゆるやかな斜面のところが多く、少し沖で魚を浮かせてから「タモ網」で魚をすくう為、竿の長さが5.0m以上のものが一般的です。

「防波堤」では足元まで魚を寄せることができますので、3m~5mのものが多く使われます。

【1号ー4.5m】【1.5号ー5.4m】というように、○号-○mという表記がされているものは、このジャンルの竿です。

号数の数字が小さいほど、竿は柔らかくなります。

メバルなどの小さな魚を釣る時には、0.8号や1号、チヌは1号、「サビキ釣り」でアジを釣るなら1.5号や2号・・というような使い分けをします。

3号~5号という号数の大きいものは「遠投磯竿」というジャンルになり「カゴ釣り」や大物釣りに使用されます。

 

投げ竿(チョイ投げ竿)

砂浜や岸壁から仕掛けを遠くに投げて釣るための竿です。「キス」「カレイ」「真鯛」「スズキ」「アナゴ」など投げ釣りの対象魚すべてひっくるめて狙えます。

竿の反発力を使って、遠くに鉛を飛ばすので、高弾性の竿ほど遠くに投げる事ができます。

竿の長さは3.6m~4.2mが主流で、竿が長いほど遠心力が働き、遠くに投げる事ができますが、竿を曲げる為の筋力・テクニックも必要な為、自分にあった硬さと長さを使用するのが好ましいです。

【20号-3.9m】【30号ー4.2m】というような表記になります。

 

ちょい投げ竿とは、釣り方は同じなのですが、遠くになげる必要のない場合や対象魚のとき、そして、お子様や女性の方の為に「投げ竿」を短くし、柔らかくしたものです。

短いものでは1.6mのものもあり、河港での「ハゼ釣り」などでは本格的な「投げ竿」じゃなくても充分釣果が期待できます。

 

船竿

文字どおり「船」からの釣りに適した竿です。「船釣り」の中にも多種多様な竿が存在しますが、一般的には「投げ竿」のような高弾性な竿ではなく、粘りのある低弾性なものが多いです。

船で直接ポイントの上まで行くので鉛を遠くに投げるという用途は必要なく、魚の引きを竿全体のしなりでいなすように設計されているのです。

竿の長さは1.8m~4m前後まで。釣り方により竿の長さを変える事が大きいです。

キス釣りなどの「天秤仕掛け」では1.8m~2.4mで充分。また「メバルのサビキ釣り」などは仕掛け自体が長い為、竿も2.7m~3.9mを使用します。

【10号-2.4m】【50号-3.6m】というような表記になります。

 

ポイントの水深や潮の速さで使用するオモリの号数を決めますが、そのオモリを使える竿を選ぶ事が重要になります。

瀬戸内では20号~30号のオモリを使用する事が多いです。

 

 

のべ竿・渓流竿

リールを使用しない、伸ばすだけの竿です。竿先に道糸をくくりつけ、竿の長さ分の仕掛けになります。竿の長さ以上のポイントを狙えないというデメリットもありますが、仕掛けの軽いウキ仕掛けやさぐり釣りの場合は、リール付きの竿よりも手返しが早いというメリットもあります。

海では主に「メバル釣り」や「サヨリ釣り」の時に、のべ竿を使用する事ができます。

川では「ヤマメ釣り」「ハエ釣り」などで、渓流竿が使われます。

【中硬 6.3m】【硬調 5.4m】といった表記で、硬さ表記の後に竿の全長が表されています。

海では5.4m~7.1mがお勧めです。

川では川幅に応じて2.7m~6.1mまで広い範囲でラインナップされています。

用水路で使用するような1.8mの、のべ竿もありますよ。

ルアーロッド

本物のエサに似せた、ルアー(ジグ、エギ、タイラバなどの総称)を使って、魚を釣り上げるゲーム性の高い釣りに適した竿です。

今や多種多様なルアーロッドがありますので、詳しくは次のページで!