ルアーロッド(竿)の種類

ルアーロッドの基本的な選び方と長さ表示

対象魚によって長さや硬さが変化し、ジャンルも近年急激に増えてきました。

ルアーロッドを使用する釣りは、代用で使用できるものが多いですが、やはり専用ロッドならではの、こだわり、使いやすさもありますので、専用ロッドで是非チャレンジしてみると良いでしょう!

 

ルアーロッド共通の長さの選び方ですが、竿が短いと「取り回しが楽」「軽いから疲れにくい」、長いと「遠心力が働く分遠投性能があがる」「魚をかけた後、竿全体で魚の引きを吸収できる」「重たくなるぶん疲れる」というメリット・デメリットがあります。

これを参考に選んでいくのですが、タイムで1番実績のある長さと硬さを、各ジャンルで紹介していきます。

 

ルアーロッドの長さはフィート表示されている事が多く、1フィートが何cmか覚えておくと便利です。

1フィートは30.48cmです。約30cmと覚えておけばだいたいの長さは予想できると思います。

例)6フィートは約1.8mです。正確には30.48×6=1.83mとなります。

バスロッド

川・池・ダムなどでブラックバスのルアー釣りをする為のロッドです。60(1.83m)~66(1.98m)までの長さが標準の長さになります。使用するルアーの重さによって硬さを使い分けます。

硬さの表記は【M(ミディアム)】【ML(ミディアムライト】【MH(ミディアムハード】と英語表記になります。

スピニングリールを使用する【スピニングタイプ】とベイトリールを使用する【ベイトタイプ】があり、兼用はできないので、竿とリールの形は必ず同じものを使用する必要があります

 

✩最初の1本におすすめの規格

スピニングタイプの63ML

シーバスロッド

シーバス(スズキ)をルアーで釣る為のロッドです。長さは86(2.6m)~96(2.9m)が標準的な長さになります。

バスロッドを長くしたようなロッドです。バスよりも遠投性能を高くする為に、全長をながくしてあります。砂浜からの、より遠投が必要な場所では、10(3m)以上の長さを使用することもあります。

表記はバスロッドと同じく、硬さは英語表記。使用するルアーの重さによって選びます。

 

✩最初の1本におすすめの規格

・港内での常夜灯周りでの釣り(遠投を必要しない場合)

86ML

・河口やサーフでの釣り(遠投が必要な場合)

90M

 

エギングロッド

アオリイカをエギ(イカ用の和製ルアー)を使用して釣る為のロッドです。

シーバスロッドとよく似た竿ですが、竿をしゃくってエギに動きをつける釣りの為、シーバスロッドと比較して「張り」があります。比較的高弾性のものが多くなります。

エギングの場合、PEラインの使用が前提での釣りになっていますので、ガイドが「PEラインがからみにくい」形のものが採用されています。

長時間、竿を動かし続ける釣りなので、なるべく軽量のものが良いでしょう。

80(2.4m)~86(2.6m)が標準的な長さ。

硬さは使用するエギの号数で決めるのが一般的です。

 

✩最初の1本におすすめの規格

80M(春も秋もオールシーズンできます)

 

メバリングロッド

メバル(カサゴ・アジ)をメバル用のルアーで釣るためのロッドです。

メバル用のルアーが、シーバスルアーやエギと比較して、とても軽いものになりますので、穂先も繊細なものになります。

ルアーを投げる時には、竿が曲がって元にもどろうとする力を利用します。その為、軽いルアーを投げる為には軽いルアーで竿が曲がるほどの柔らかいものでないといけないのです。

 

穂先のタイプには「ソリッドタイプ」と「チューブラータイプ」のものがあります。

「ソリッドタイプ」ー穂先が柔らかくとにかく食い込みが良い。表層でのワームをメインとした釣りに適しています。

 

「チューブラータイプ」ー穂先の中が中空構造になっており、「パワータイプ」とも呼ばれています。操作性がよく、ミノーやジグなどの少し重めのルアーを使用する場合や、飛ばしウキを使う場合などに適しています。感度も優れています。

 

✩最初の1本におすすめの規格

ソリッドタイプの76UL(まずはジグヘッドにワームの組み合わせで!)

チニングロッド

チヌ(黒鯛)をルアーで釣る為の専用ロッドです。あの風格のある「チヌ」をお手軽なルアーで釣るこのスタイルは、近年人気急上昇中の釣りです。

エサをガジガジ噛んで捕食するチヌを釣るために、穂先には「感度の良さ」と「違和感を与えにくい繊細さ」が求められます。

同時に強靭な口に針をフッキングさせる為、根元部分にはパワーが必要になります。

この相反するバランスを組み合わせたのが、チニング専用ロッドになります。

長さは80(2m40cm)以下のものが使いやすいですよ。

難しく説明しましたが、エギングロッドの柔らかめの竿で代用されている方もおおいです。

 

✩最初の1本におすすめの規格

78ML

 

タイラバロッド

マダイ専用の「ラバージグ」(略してタイラバ)を使用して主に船から「真鯛」を釣る為のロッドです。

瀬戸内海では、45g~80gのタイラバを使用しますので、その重さのタイラバが使用できるロッドを選んでいきます。

竿の硬さは「使用するタイラバの重さ」と「好み」で選びます。ファイトをじっくり楽しみたい方は柔らかい竿を選びます。

数年前までは、マダイが勝手に乗るまで巻き続けるという釣法に適した穂先が柔らかい【乗り調子】が好まれていましたが、近年は竿にパワーを持たせ、釣り人が合わせをいれて掛けていく「掛け調子」というスタイルも人気がでてきました。

まだ、発展途上中の釣りの一つです。

長さは69(2m)前後のものが主流になっています。

 

✩最初の1本におすすめの規格

MAX100gまでのタイラバが使用できる2m前後のロッド

 

ジギングロッド

鉄板みたいなルアー「メタルジグ」を使って、主に「青物」と呼ばれる大型の魚を釣るためのロッドです。

ハマチ・ヒラマサ・カンパチという王道の対象魚の他にも、根魚と呼ばれるクエ・ハタ・びっくりカサゴなども釣れ、魅力ある五目釣りが楽しめます。

その為、竿にはパワーが求められます。そして「メタルジグ」にアクションをつける為に、操作性も良くないといけません。比較的竿が短い設計なのもこの為です。

ポイントの水深・潮の速さによって、使用する「メタルジグ」の重さに幅があります。60g~300g。そしてその「メタルジグ」を使用できるロッドを選ぶ必要になります。