イカメタルとは?

近年急激に人気が出てきた「シロイカ(ケンサキイカ)」をルアーで狙う釣法の事です。

従来のスッテと呼ばれる和製ルアーを5段~7段装着した胴付仕掛けでの釣り方から、お手軽さとゲーム性を楽しむ為に進化した釣法です。

鉛内蔵のスッテを使用し、単体でのアクションでイカにアピールし、一杯づつ獲っていく釣り方です・

鉛付きのスッテを使用するところから「ナマリスッテ」とも呼ばれています。

 

タックルは手軽になり、ゲーム感覚で釣っていくところが人気の理由です。

 

まだ進化中の釣りであり、枝を2本から3本だした胴付き釣法も人気がでてきました。

タックル

イカメタル専用ロッドも各メーカーから次々と発売されていますので、これから何度もこの釣りにチャレンジされるという方は、専用ロッドの購入もご検討していただければと思います。店頭でご相談ください。

 

今持っている竿は使えないの?

下記で弊社スタッフのタックルを紹介していますが、2M前後の竿で60g~100gまで対応のロッドであれば流用できます。

弊社スタッフも専用ロッドではなく、タイラバロッドを流用しているスタッフも多いです。硬めのエギングロッドでも大丈夫ですよ。

 

リール

スピニングでも両軸リールでも対応できますが、イカ釣りはタナ合わせが重要で巻いたり出したりする事が多く、ワンタッチで行える両軸リールが便利です。カウンター付きの両軸リールだと水深を数値で把握できるのでとても便利です。

ライン

PEラインの0.8号~1号

リーダー

PEラインの直付けだとスッテに糸が絡んだり、シャクった時に切れてしまします。

3号~4号のリーダーをPEラインの先に2m前後結びます。

 

釣り方

シロイカ釣りはシロイカがいるタナを見つけるのが数を伸ばす鍵となります。

まずはボトム(底)から丹念に探っていきます。

ナマリスッテを着底させた後、いろんなアクションをつけてアピールをします。

しばらく誘って当たりがなければ徐々にタナをあげて、イカのいる層を探っていきます。日が完全に沈むと徐々にタナが上がってくる事が多いです。

活性が高いときは水面から10m以内でも食ってきます。その時は数をのばすチャンスですので集中して釣ってください。

 

【主な誘い方】

シェイク

刻みにルアーをアクションさせ、ピタっとルアーをとめます。このステイ(静止)させた時にイカが抱いてくる事が多いです。

シャクリ

竿を大きくシャクリ上げて大きくルアーをはね上げます。そしてゆっくりフォールさせてまたステイ(静止)します。フォール中に抱いてくる事もあります

 

グッと重たくなれば、軽く合わせをいれてよせてきます。

 

その時、どの層できたかを仲間と共有しあってその層を集中して攻めるのが数を伸ばすコツになります。しばらくあたらなければタナを上下にずらして、またイカがいる層を探して釣っていきます。

ナマリスッテ単体と3段仕掛

仕掛け

近年はナマリスッテ単体よりも、2段・3段の胴付仕掛けが人気です。

枝につけるルアーを皆さん工夫されています。

スッテ(鉛なし)、エギ、エサ巻きテーラなどなど

 

最近では枝にナマリスッテをつけ、1番下にエギをつけたりとまだまだ工夫の余地がありそうですね。

スタッフ タックル紹介とワンポイントアドバイス

広島本店 乙木

 

【ロッド】JHC アンビットボートユーティリティーMG180ML(タイムオリジナルロッド)

【リール】ダイワ イッツICV150R(カウンター付き両軸リール)

【お気に入りの鉛スッテ】浜田 サイコスッテゲーム10号+ディープフラッシュ(タイムオリジナルエギ)

【実績カラー】イエローグロー

【ワンポイントアドバイス】

マル秘リグの紹介!枝の方へ鉛スッテ、幹糸へエギを付ける事でエギのフォール時間が長くなります。お試しあれ。

広島本店 隅谷

 

【ロッド】ヤマガ バトルウィップ69L-B

【リール】シマノ オシアコンクエスト201HG

【お気に入りの鉛スッテ】EG)イカメタル番長20号

【実績カラー】グリーン

【ワンポイントアドバイス】

シャクったあとの、フォール、テンションフォール中の当たりを集中して取る事が大事です。

岡山本店 河野

白イカの写真がありませんでしたw

 

【ロッド】ヤマガ バトルウィップ・イカメタル69L-B

【リール】シマノ バルケッタCI4200HG(カウンター付き両軸リール)

【お気に入りの鉛スッテ】浜田)サイコスッテゲーム

【実績カラー】赤緑

【ワンポイントアドバイス】

タナを意識しながら釣るのが釣果アップのコツ。カウンター付きリールだと数字で釣れたタナを意識できるので便利だと思いますよ。

高橋

 

【ロッド】ヤマガ ギャラハド 61/1 タイラバ(タイラバロッド)

【リール】シマノ オシアコンクエスト200HG

【お気に入りの鉛スッテ】デュエル EZスリム パラソル85

【実績カラー】赤緑  黒青

【ワンポイントアドバイス】

しゃくった後しっかり止める事が大事。乗らなかった時は、同じタナでしっかり誘うと連続であたって来る事が多いので乗らなかった時も要注意。

釣れだしたタイミングで手返しを求めるのでリールはハイギアがオススメです。

 

飯田

 

【ロッド】JHC アンビットユーティリティーMG180ML(タイムオリジナルロッド)

【リール】ダイワ スマック100SH

【お気に入りの鉛スッテ】アクティブ スローフォールスッテ

【実績カラー】赤緑

【ワンポイントアドバイス】

必殺リリグはエダに鉛スッテ、下にエギを付けてしっかりシャクる

 

総社店 澤木

 

【ロッド】ダイワ リーディング73MH185MT

【リール】シマノ バルケッタBB300HG(カウンター付き両軸リール)

【お気に入りの鉛スッテ】ダイワミッドスッテ

【実績カラー】赤緑 赤白

【ワンポイントアドバイス】

全て浮きスッテではなく、1個エギにする。

食いが悪い時には枝を長めにとりフワーとゆっくり誘う。

総社店 末守

 

【ロッド】メジャークラフト KGONE イカメタルKGE-B66NS

【リール】ダイワ ソルティストICS103SH(カウンター付き両軸リール)

【お気に入りの鉛スッテ】ダイワミッドスッテ

【実績カラー】赤緑

【ワンポイントアドバイス】

底をキチンと取る。

シャクリの間隔やリズムを変える。

 

 

 

まとめ

ロッドに関しては弊社スタッフは、持っている竿を流用しているのが多いですね。タイラバロッドやティップラン用のロッドをお持ちならそれを使用して頂いてもかまいません。

 

タイムオリジナルロッドもイカメタルでの釣りで活躍しています!

オリジナルロッドの魅力はなんといっても価格です。イカメタルでも活躍している弊社オリジナルロッドもぜひチェックしてみてくださいね。

 

【リール】

両軸リールでの釣りが主流になっています。シロイカはタナが勝負なのでカウンター付きリールを使用しているスタッフが多いです。カウンター付きではないリールでは、糸の色でタナを覚えて釣っていきます。

 

【仕掛け】

ナマリスッテ単体よりも、2段・3段仕掛けが主流ですね。スッテをつけるのか、エギをつけるのかで釣果に差がでているようです。

 

【色】

スッテの色は圧倒的に赤緑が人気です。この他の色で自分だけのヒットカラーを見つければ、人より釣果が良くなるかも?

ただ赤緑1つ位はタックルボックスに忍ばせておいても良さそうです。

 

タイムスタッフの中で安定感No1の赤緑です

 

シロイカは例年10月頃まで釣れます。11月後半まで釣れる年もあるくらいです。

まだまだチャンスはあるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

ここまでお読みになって興味がでた!やってみたい!と思われた方はお気軽に最寄りの店舗へ遊びにおこしください。

「仲間3人で〇〇ごろ行ってみようと思うんだけど・・」と相談いただければ、釣り船などもご紹介いたしますよ~

 

 

 

 

イカメタルにおすすめの商品

船からの釣り全般に使える万能ロッド!

アンビット

ボートユーティリティーMG180(210)ML

 

イカメタルはもちろん瀬戸内の小物釣り全般に対応の両軸リール対応ロッドです。

好評発売中!

180ML 3,890円

210ML 4,380円