リールの種類

スピニングリールと両軸リール

構造的に大きくわけると、スピニングリールと両軸リールにわけられます。

スピニングリールの中でも、中型万能リール、大型投げ釣り用リール、レバーブレーキ搭載リールなど、釣り方によって特殊な機能を持ったリールに分類分けされます。

 

両軸リールは主に船釣りで使用される、ひらべったいリールです。

ブラックバス釣りなどで良く使われる、ベイトリールも構造的には両軸リールに含まれます。トラブルなく投げる事ができるようにブレーキシステムを搭載したものを、ベイトキャスティングリールと呼ぶようになり、今では略してベイトリールと呼ぶようになりました。

 

ワカサギ用リールや片軸リールと呼ばれるものもありますが、少し特殊なジャンルになりますので、今回はスピニングリールと両軸リールをメインに説明をしていきます。

 

スピニングリール 各部分の名称

○スプール

ラインを巻いて置くための部分です。

使用するラインの太さや長さによってスプールの大きさ深さを選ぶ必要があります。

○ローター

ハンドルを回すと回ります。

○ベール

ラインをラインローラーへと導くものになります。

○ラインローラー

ラインローラーに集まった糸を回転しながら、スプールに巻きつけていきます。その際スプールが上下に動きスプールに均一に巻いていきます。

○逆転ストッパー

ハンドルが逆転するかしないかのスイッチになります。巻きすぎた仕掛けをゆっくりスムーズに下ろすときなどに使用しますが、通常ほとんど使用するこがなく、近年のリールには逆転ストッパー自体を搭載していない機種も増えてきました。

○ドラグ

下記で詳しく説明しています。

 

スピニングリールの特徴

○操作がかんたん

とてもシンプルな使い方で比較的初心者の方もトラブルなくご使用頂けると思います。

○遠投性能に優れている

ラインが出て行く時に、スプールは回転しません。ラインだけが放射線状に飛んでいきます。これが両軸リールとの大きな差となります。

○価格が魅力

比較的、安価なものが出回っており、お財布にやさしい価格帯が多くラインナップされています。

○ラインのねじれ

ラインを横方向にねじりながら巻いていくので、ラインにヨレができやすいという欠点があります。

スピニングリールに向いている釣り

おなじみの形で一般的にもリールと言えばこのスピニングリールを連想するのではないでしょうか?

ではどんな釣りにむいているのか?

それはズバリ!船からの釣り以外は全てスピニングリールがおすすめになります。

理由は両軸リールとの大きな違いの「遠投性能」にあります。

どんな釣りにも仕掛けを投げるという動作が必要になりますが、この投げるという行為でこのスピニングリールの方に大きな強みがでてきます。

初心者の方が「船釣り」以外の釣りを始められる場合、スピニングリールをおすすめします。

例外的に、バス釣りなど、ベイトリール(両軸リール)を使用した釣りも確立されていますが、やはり扱いが難しいですので、慣れるまではスピニングリールがおすすめになります。

 

両軸リール 各部分の名称

○スプール

ラインを巻いて置くための部分です。

○レベルワインダー

ハンドルを回すと左右に動き、スプールにラインを均一に巻いていきます。

○メカニカルブレーキ

スプールを横から物理的に抑えてスプール回転時にブレーキをかけています。バックラッシュを防ぐためにあります。

○クラッチ

クラッチを切ると、ラインが出ていきます。

○ドラグ

下記で詳しく説明します。

 

両軸リールの特徴

○パワーがある

ハンドルと同方向の縦にラインを巻くので、力の伝達効率がよくパワフルに巻けます。

○ラインのヨレが少ない

上記と同じくラインを縦方向に巻くのでスピニングリールと比べ糸のヨレがでにくい。

○手返しが早い

クラッチを切る事で糸を出すことができるので、糸を出す・巻くという動作の繰り返しを行いやすい。(船釣りの底取りに適している)

○遠投性能が弱い

ラインが出て行く時、スプールが回りながら出ていきます。スピニングリールとの大きな違いになります。スプールが回る時に「摩擦抵抗」がかかるので飛距離がでにくい。

○扱いに慣れが必要

バックラッシュという両軸リール特有のトラブルがあります。これは扱いに慣れてくる事で軽減できます。

両軸リールに向いている釣り

ズバリ!船釣りに適しています。

クラッチを切ることによる、手返しの速さは、こまめに底取りを行う船釣においては大きな武器になります。またラインのヨレによるトラブルも軽減する為、オススメです。

船釣りにおいては欠点でもある「遠投性能」が必要なくなるので、メリットの方が多く、船釣りでは両軸リールを使用される方が多いです。

 

またブラックバス釣りで活躍している「ベイトリール」は弱点の遠投性能とバックラッシュというトラブルを軽減する技術がリールにくみこまれており、熟練者の間では活躍しています。

 

巻いてから投げるまでの手返しの速さ、サミングという技術により、距離感をつかみやすいという長所がバス釣りの場合いきてきます。

 

 

 

 

ここからは店頭でよく聞かれる質問をQ&A方式で紹介します~

リール関連のよくある質問

ドラグってなに?

ある一定の力がかかった時にラインを送り出す機能です

ラインには太さに応じて強度があり、その強度を越える力がかかると、当然ラインが切れてしまいます。ラインが切れてしまう前に、ラインを送り出す機能になります。

ドラグ部分はつまみになっていますので、ドラグ力は釣り人が設定できます。

ラインの直強力の3分の1~4分の1に設定するのが一般的です。結束部分で直強力以下になっているからです。結束部分の強力によって変わってきます。

ただし、実際バネ秤等で正確にドラグ力を設定をして、使用している方はほとんどいません。

竿にラインを通してある程度ラインを引っ張り、竿が折れない程度のところで、ラインがでるように感覚で調整するのが一般的です。

魚とのやりとりの途中にドラグを調整する事もあります。ドラグをゆるくしすぎると、魚をとるまでに時間がかかります。ドラグを強くしすぎるとラインが切れてしまいます。魚を疲れさせる為には適度な負荷をかけないといけません。

この駆け引きが釣りの楽しい部分でもあります。

小物釣りではほとんど使用する事はありません。

真鯛・黒鯛・青物などの比較的大物とのやりとりで活躍します。

アオリイカを釣るエギングでも、重宝される機能ですが、エギングの場合ライン切れを防ぐというよりは、シャクリ合わせたときに、イカの手足がきれるのを防ぐ意味合いが大きいです。

 

リールの価格の違いでこの「ドラグ性能」の差がでてきます。ドラグ力の設定時に細かい設定ができる事、ラインが出始める時の滑り出しに違いがでます。

特に大物釣りの場合はこの「ドラグ性能」の高いリールをオススメします。

リールの大きさの選び方

必要なラインの太さが必要な距離まけるかどうか

スピニングリールなら1000番~4000番、両軸リールなら100番~400番という感じで、リールには番手がふってあります。これはリールの大きさを表しています。

数字が大きいほどリールも大きくなり、糸のまける量が変わってきます。

 

まずは自分がやろうとしている釣りに、何号のラインが何メートル位必要なのか?

そこからリールの大きさを決めていきましょう!

 

例)波止からウキ釣りでアジやママカリが釣りたい。

ラインは2号から3号の太さ。100mもまいておけば充分ですので、2000番位の大きさで良いです。(シマノの2000番は2号が150mまけます)

 

例2)砂浜から投げ釣りでキスを釣りたい。

ラインは4号~5号の太さ。200mはまいておきたいので、4000番~5000番のサイズが良いです。投げ釣り専用の大きなスプールの投げリールを使用すると、飛距離もかわってくるのでオススメ。

 

例3)海上釣堀でハマチやマダイを釣りたい。

ラインは5号前後。距離はいりませんが、相手がパワーのある大物なので、リールもそれなりのパワフルなものを使います。3000番~5000番くらいのものがオススメです。

 

このように釣り方。対象魚によってリールの大きさを決めていきます。