1月は何釣る?初釣りを楽しむ釣り物

新年も開けて気温は低いけど釣りに行きたいのが釣り師というもの。低水温の為、狙える魚は少なくなりますが、冬にこそ活性が上がり楽しめる釣りものもたくさんあります。瀬戸内は気候が穏やかなので防寒対策さえしっかりすれば快適に釣りが楽しめる恵まれた地域です。

波止から狙う釣りもの

メバル、カサゴ

近くの波止で楽しめる瀬戸内の王道的釣り物。

釣り方もルアーをはじめ、青虫やシラサエビを餌にするサグリ、ウキ釣りと多種多様な狙い方が出来ます。

メバル、カサゴともに同じ釣り方で狙えますが、カサゴはベタ底で釣れるのに対しメバルは少し上の層で釣れ、釣りわけることも可能です。

ベイカ、チイチイイカ

外灯がともるとどこからとも無く集まってくる小型のイカ。岡山方面ではベイカ、福山方面ではチイチイイカが主に狙えます。

釣り方は手軽なエギングをはじめ、シラサエビを餌にするサグリ釣りやウキ釣りで狙えます。

この時期になるとサイズも大きくなり餌よりもエギで釣ったほうが釣果が上がることも…。手堅く狙うなら満潮前後に外灯のある波止を探してみよう。

淡水の釣りもの

トラウト(管理釣り場)

ルアーで狙う冬の釣り物と言えばこれ、冷水性の魚なので冬こそさらに元気になり、ガンガンアタックしてきます!冬こそ楽しめる貴重なターゲット。

広島の『フィッシャーリゾート庄原』などの管理釣場が有名。

人気上昇中の釣りものです。

船から狙う釣りもの

メバル

冬の船釣りといえばこれ!基本的には餌を使わずにメバルサビキで狙います。活性が高い日はサビキにメバルが鈴なりに付き、その姿はまるで鯉のぼり状態。 岸からは中々釣る事の出来ない尺メバルも船釣りなら手が届くところにいます。

タチウオ

タチウオは1月がラストスパート、まだまだ狙えます。この頃になると徐々に深みに入りだし、釣れる水深が深くなる傾向にあります。

100m近くで反応があることも多く、メタルジグで狙うには体力的にしんどい…って時にはテンヤの出番。船の上で後悔しないためにもメタルジグ、テンヤ両方を準備しておきましょう。

■瀬戸内各月の釣り物

1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月

2017年1月20日までの釣果情報は、「釣果情報のブログ」でご覧頂けます。

※こちらは、アメーバブログでのサービスとなります。