真冬に爆釣!2月に狙うべき釣りもの

2月に入ると、中々アタリが出ない事もありますが。釣り方と釣り物さえ選べば爆釣ってことも珍しくありません。冷水に強い魚や季節のパターンで冬も釣りを楽しもう♪

波止から狙う釣りもの

カサゴ、タケノコメバル

2月前半はカサゴや根魚が元気!近くの波止で楽しめます。ルアー釣りを初め、餌釣りなら青虫やモロコを餌にした探り釣りやブラクリなどで狙うことが出来ます。底にべったりついていて、物陰に隠れています。貪欲なため目の前に餌を落とすと比較的簡単に釣ることができる魚です。

メバル

2月後半にかけてメバルの釣果が上向き始める。この頃から魚食性に変わるため白魚やモロコ、イカナゴを餌にしたウキ釣りやサグリ釣り、プラグでのルアー釣りに反応が良くなる。

シーバス

大潮の夜にバチ(青虫、砂虫など海虫の総称)が産卵のため浮きあがり、河口域でシーバスが荒食いする現象が起こります。この頃のシーバスはルアーをただ巻くだけで簡単に釣ることが出来、あたれば数十匹の釣果も狙えるため一種のイベントのようにとりあつかわれます。

寒さだけ我慢できれば爆釣!防寒対策は確り行いましょう。

淡水の釣りもの

トラウト(管理釣り場)

ルアーで狙う冬の釣り物と言えばこれ、冷水性の魚なので冬こそさらに元気になり、ガンガンアタックしてきます!冬こそ楽しめる貴重なターゲット。

岡山の『トラウトエリアタキ』広島の『フィッシャーリゾート庄原』が有名。

人気上昇中の釣りものです。

船から狙う釣りもの

メバル

冬の船釣りといえばこれ!基本的には餌を使わずにメバルサビキで狙います。活性が高い日はサビキにメバルが鈴なりに付き、その姿はまるで鯉のぼり状態。 岸からは中々釣る事の出来ない尺メバルも船釣りなら手が届くところにいます。

カサゴ

胴突き仕掛けにモロコで狙う季節の風物詩。瞬発力が強く一発目の引き込みはメバルにも負けないくらいの手ごたえ。下津井、岡山方面で盛ん、近場で数が釣れる釣りなので人気も高い。

■瀬戸内各月の釣り物

1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月

2017年1月までの釣釣果情報は、「釣果情報のブログ」でご覧頂けます。

※こちらは、アメーバブログでのサービスとなります。