4月は産卵シーズン、大型が狙えます!

4月頃になるとチヌやブラックバスが産卵の為、岸近くに寄ってきます。50㎝以上の超大型はこの時期が一番の狙い目となり、釣り人が本格的に動き出すシーズンとなります。

また瀬戸内海の季節の風物詩、イカナゴも群れで接岸する為メバルの活性が上がり、水面近くで釣れるようになります。この時期のメバルは引きも強く脂がのっていて釣り味、食味ともに旬の魚といえます。

波止から狙う釣りもの

チヌ

この時期チヌは産卵の為、外洋や深場から浅場へ入ってきます。この時期のチヌは乗っ込みチヌと呼ばれ、産卵前の荒喰いをします。大型が近場で釣れ、しかも餌獲りがまだまだ少ないので、上級者はもちろん初心者がフカセ釣りを始めるのにもオススメのシーズンです

メバル

メバルは春告魚と呼ばれるとおり春が最も釣り易いシーズンとなります。イカナゴが回遊しだし、水面近くで捕食をするようになる為、ウキ釣りやルアーで大型が狙えます。白魚やイカナゴなど特効エサも効果的です。(入荷時期は年によって前後します)

マダイ

まずは船からサビキやチョクリでマダイが釣れだし、その後岸からも釣れ始めるが例年のパターンです。チヌと同じく産卵行動での接岸で、数、型ともに陸っぱりのベストシーズンとなります。潮通しのよい場所で実績が高く、フカセ釣り、投げ釣り、ルアーで狙う事ができます。

カレイ

3月中旬頃から釣果が伸びています。この時期はサイズよりも数を狙え、桜の開花シーズンと重なるため花見ガレイとも呼ばれます。産卵後の荒食いで高活性。基本的に投げて10分程度放置する釣りなのでファミリーでの釣行にもオススメ。のんびり海を眺めながら投げ釣りはストレス解消にも最適ですよ!

淡水の釣りもの

ブラックバス

産卵前の荒喰い行動に入っていて高活性。浅場か浅場の近くで餌を追い回しているためクランクベイトやスピナーベイトなどの巻きもの系で効率よく狙うことができます。1年で1番大型を釣り易い為、入門にもオススメのシーズンとなります。

船から狙う釣りもの

メバル

基本的には餌を使わずにメバルサビキで狙います。活性が高い日はサビキにメバルが鈴なりになり、その姿はまるで鯉のぼり状態。 岸からは中々釣る事の出来ない尺メバルも船釣りなら手が届くところにいます。

 

マダイ

水温が低い間はサビキで狙うことが多いですが、中旬ごろから鯛ラバや一つテンヤなどでも釣れ初めます。サビキは10m前後あり、初心者には取り回しが困難な為、始めてという方には鯛ラバや一つテンヤで釣れ出してからの釣行がオススメです。

■瀬戸内各月の釣り物

1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月