6月は雨で魚の喰いが活性化

6月の釣りと言えば、切っても切り離せないのが梅雨。雨の日は外に出にくいものですが、魚からしてみればどうでしょうか?魚種によっては淡水や濁りを好む釣り物もあります。中でもウナギやナマズは雨後の濁りで活性が一気に上がり活発に餌を食べるのでこの時期が最も釣れるシーズンといえます。またママカリやイワシ、コノシロ、アジなどの回遊魚も盛り上がり、サビキで狙える魚種が一気に増えます。レインスーツを用意し、雨の合間をぬってのサビキ釣りはきっと良い思いが出来るはずです。

波止から狙う釣りもの

イワシ、ママカリ、コノシロ

サビキ釣りは釣りの基本。回遊漁を相手にする為、まずは釣果情報をチェックし、その時釣れている場所へ行くことが釣果への近道です。店頭でスタッフへ直接聞いていただければさらに新鮮な情報をお教えいたします。地域や回遊によって魚の種類が変わりますので魚種に合った針の号数をご使用ください。

キス

投げ釣りの代名詞のキスですがこの頃は20cmクラスの大型が良く釣れます。餌を小さくつける事と針先の鋭い仕掛けを使う事がこの時期のキスの攻略法です。餌は砂虫が良い日と青虫が良い日があります。釣果の差が顕著に現れるので、出来れば半々で2種類を用意するとハズレがありません。

ちょい投げにもオススメ

『瀬戸内スペシャル船キス』

コウイカ、アオリイカ

瀬戸内海では5~7月にコウイカとアオリイカが産卵の為接岸します。中でも生息域が広くビギナーにオススメなのはコウイカ。餌を使わずにエギやスッテで狙うことが出来る為、虫餌が苦手な方でも楽しめます。一般的に普通のコウイカの他に、頭の先から赤い液を出すシリヤケイカ、最大2㎏を超える高級食材モンゴウイカをまとめて“コウイカ”と呼びます。種類の違いを見てみるのも楽しいかもしれません。釣れた場合は墨を吐くため充分注意してください!

淡水の釣りもの

ナマズ

夜釣りで釣果が有望なナマズですが、雨後の濁りが入った状況でも活発に餌を追います。ルアーで狙うならトップウォーター系のルアーで水面をバシャバシャ音を鳴らして釣ってみましょう。近くにナマズがいれば高確率で水面のルアーに飛びつくはず、ド迫力の捕食シーンは圧巻です!

ウナギ

ウナギは回遊魚、サケと反対で海で生まれ川にのぼりまた海へ下り産卵をします。この頃のウナギは海から川へのぼるため回遊コースとなる河口あたりで良く釣れます。夜に投げ釣りでミミズやシャコを餌にして、簡単に狙えることからビギナーにもオススメの魚種です。

船から狙う釣りもの

マダイ

地域によってマダイが良い場合とアコウが良い場合がありますがどちらもハイシーズンです。事前の釣果情報をしっかり調べ状況にあった道具を選択しましょう。初挑戦の方は丁寧にアドバイスいたしますのでスタッフまで相談下さい。

キス

船キスもベストシーズン。船からならどんな凄腕投げ釣師も届かない場所を攻めることができます。悪い条件が重ならない限り、初心者でも大型キスを数釣りできる最も確実な釣り物となります。まずは18㎝前後の長めの天秤に鉛、短めの仕掛を使用し、キスを釣る感覚を覚えましょう。

■瀬戸内各月の釣り物

1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月