7月は雨で活性が上がる魚も選択肢に

夏の釣り物としてサビキ釣りではイワシやママカリ、子アジなど回遊魚の数釣りが有望。雨が絡み少し濁った時などはアナゴ、ウナギ、セイゴなどの活性が上がり、さらに行動が活発になる夜からの投げ釣りをオススメします。梅雨明けになるまでは雨の影響で大漁を狙える魚種にターゲットを絞ってもおもしろいかもしれません。レインスーツもしっかり準備して釣行してみましょう。

波止から狙う釣りもの

イワシ、ママカリ、豆アジ

サビキ釣りは釣りの基本。回遊漁を相手にする為、まずは釣果情報をチェックし、その時釣れている場所へ行くことが釣果への近道です。店頭でスタッフへ直接聞いていただければさらに新鮮な情報をお教えいたします。地域や回遊によって魚の種類が変わりますので魚種に合った針の号数をご使用ください。

アナゴ

夜釣りでの有望ターゲット、青虫を付け置き竿の投げ釣りで狙えば良く釣れます。砂地や泥地には必ずといっていいほど棲息しているので青虫を1本掛けにして狙ってみましょう。同時にセイゴやチヌなども高確率で掛かります。

淡水の釣りもの

ウナギ

ウナギは回遊魚、サケと反対で深海で生まれ川にのぼりまた海へ下り産卵をします。この頃のウナギは海から川へのぼるため回遊コースとなる河口あたりで良く釣れます。夜に投げ釣りでミミズやシャコを餌にして、簡単に狙えることからビギナーにもオススメの魚種です。

船から狙う釣りもの

マダイ

地域によってマダイが良い場合とアコウが良い場合がありますがどちらもハイシーズンです。事前の釣果情報をしっかり調べ状況にあった道具を選択しましょう。初挑戦の方は丁寧にアドバイスいたしますのでスタッフまで相談下さい。

キス

船キスもベストシーズン。船からならどんな凄腕投げ釣師も届かない場所を攻めることができます。悪い条件が重ならない限り、初心者でも大型キスを数釣りできる最も確実な釣り物となります。まずは18㎝前後の長めの天秤に鉛、短めの仕掛を使用し、キスを釣る感覚を覚えましょう。

■瀬戸内各月の釣り物

1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月