冬だからこそ狙えるターゲット多数!

12月ともなるといっきに冬の釣り物に変わってきます。堤防からの貴重なルアーターゲット、メバルやカサゴが元気になり、砂浜からはカレイなども狙える季節です。釣り人が減り始めるこの時期だからこそ場所取りも簡単になり、釣り好きには嬉しいシーズンです。気温が高くなった昨今、防寒服をしっかり着込めば夜釣りでも快適に釣りが楽しめますよ。

波止から狙う釣りもの

メバル、カサゴ

堤防釣りファンは待ちに待ったメバルシーズンの本格スタートです。簡単に釣るなら胴突き仕掛での探り釣りがオススメ。市販の仕掛に鉛を取り付け、青虫を針に刺せばセット完了、投げて底を探ってくればOKです。メバル、カサゴはたいていの波止に棲息していますので、近場で狙えるというのも魅力の一つ。

サヨリ

ジャンボサヨリといって30cm以上が狙えるシーズン。遠投仕掛を使用し、タナも少し深めに設定するのがコツです。撒き餌をしっかり撒いてサヨリを足止めすれば時合いが長く続き、数、型ともに稼ぐことが出来ます。

コウイカ

日中、夜釣りともに餌を使わずにエギで狙うことが出来る為、女性にもオススメの釣りです。波止を見て歩いて新しい墨跡が落ちているところで粘れば高確率で釣ることができます。画像はシリヤケイカ、その他味の良いハリイカや大型になるモンゴウイカなどの種類があり、同じ仕掛で狙うことが出来ます。

タチウオ

タチウオが岸から狙えるシーズン、1m越えの魚を釣るチャンスです。餌やルアーで釣ることができ、夕方と朝方に集中して喰いがたちます。外灯のある防波堤で夕方前に集合し、温かい格好で夜釣りを楽しんでみてください。強烈な引きにビックリしますよ!

ベイカ、チイチイイカ

ベイカ、チイチイイカは大きくなって接岸します。この時期はサイズが良くなるため、餌釣りも良いですが、スッテやライトエギングがオススメ。餌を使わずに狙う為手も冷たくならず快適な釣りが楽しめます。

船から狙う釣りもの

タチウオ

ジギングやテンヤで狙え、引きも強烈です。指5本以上はドラゴンサイズと呼ばれ、釣った時は必ず自慢しましょう♪回遊性のタチウオは小魚を追って群れで押し寄せます。釣果情報をマメにチェックして釣れているチャンスは逃さないように!

■瀬戸内各月の釣り物

1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月